真鍋慧(広陵)は兄もすごいドラフト候補!出身中学や高校通算ホームラン数は?

真鍋慧 広陵 兄 スポーツ
スポンサーリンク

少し気の早い話ですが、2023年ドラフトには“高校ビッグ4”と呼ばれる選手たちがいます。

2023年ドラフトの高校ビッグ4とは、花巻東の佐々木麟太郎選手、広陵真鍋慧選手、九州国際大附属の佐倉侠史朗選手、大阪桐蔭の前田悠伍投手の4人です。

今回はその中から広陵真鍋慧選手に注目して、調べてみました。

「真鍋 慧」名前の読み方“まなべ けいた”

スポンサーリンク

真鍋慧(まなべけいた)のプロフィール

名前:真鍋 慧(まなべ けいた)
生年月日:2005年6月17日
出身:広島県広島市
身長:189cm
体重:88kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:一塁手外野手
経歴:広島市立みどり坂小学校→広島市立瀬野川東中学校→広陵高校

真鍋慧(まなべけいた)の兄・真鍋駿

真鍋慧選手4学年上の兄真鍋駿(たけと)選手野球をされています。

2019年の夏には広島商業主将として甲子園に出場!

甲子園では初戦(2回戦)の岡山学芸館戦に4番・サードで出場し、3打数1安打1打点の成績を残しました。

チームは惜しくも5対6で惜敗。


現在は法政大学進学し、野球を続けられています。

将来は兄弟でのプロ入りもあるかもしれませんね!

真鍋駿選手についてはこちらを→真鍋駿(法政大)はドラフト注目!弟もすごい?出身中学高校は?

真鍋慧(まなべけいた)は広島市立瀬野川東中学校出身

真鍋慧選手小学1年生から瀬野ソフトボールクラブでソフトボールを始めました。

中学時代は広島安芸シニアでプレー。

4番打者としてだけではなくエースピッチャーとしても活躍していました。


中学卒業後は
「ここで日本一を目指したい。兄を超したかったからです」
という理由で、兄がいた広島商業ではなく広陵高校へ進学しました。

真鍋慧(まなべけいた)の広陵時代

高校では1年夏からファーストレギュラーを獲得。

1年生ながらクリーナップを任され、広島県大会の初戦ではライトへのホームランを記録しています。

1年夏の広島県大会を4回戦敗退で終えると、秋の新チームからは4番打者に定着!

広島県大会3位で臨んだ中国大会では 15打数 6安打の好成績で、優勝に貢献しました。

さらに各地区の優勝チームが集められた明治神宮大会では初戦で3安打をマークすると、
続く準決勝の花巻東戦ではスリーランホームランを放つなど15打数8安打5打点、打率.533の大活躍で、準優勝を経験!


広陵高校の同期のチームメイトには真鍋慧選手とともに1年生からベンチ入りを果たしている中尾湊選手らがいます。

高校通算ホームラン数は1年秋の公式戦終了時点で10本

真鍋慧(まなべけいた)のスカウト評価

まだ、1年生の真鍋慧選手ですが、すでに複数のプロ野球チームが注目しています。
中日・松永編成部長
「将来的に、広角に長打が飛ばせるオリックス・吉田正尚タイプのイメージ」

中日・米村明チーフスカウト
「佐々木は大砲型だが、真鍋は長打力のあるバランス型。内角のさばき方が上手。守備を見ても、三塁や外野もできそう」

巨人・水野スカウト部長
「(広陵の)真鍋君は体に恵まれているし、九州国際大付の佐倉君もいい。ひと冬ふた冬越えて、大きな選手になってほしい」

中日・米村アマスカウトチーフ
「インコースをさばけるのは評価の1つになる。うまくさばいていた。スイングスピード、タイミングの取り方、うまく対応できている証拠。スーパーになるのに体はいい要素です」

真鍋慧(まなべけいた)のまとめ

・真鍋慧選手の兄は法政大学の真鍋駿選手。
・広島市立瀬野川東中学校出身
・高校通算ホームラン数は1年秋までで10本。

ここから高校通算ホームラン数をどこまで伸ばしていくのか、注目ですね!

真鍋慧選手のようなホームランバッターになりたい人にお勧めの本はこちら↓

※画像をクリックするとAmazonで本の詳細が確認できます。

真鍋慧選手とともに2023年の“高校ビッグ4”と呼ばれている九州国際大付属の佐倉俠史朗選手と大阪桐蔭の前田悠伍投手についてはこちらを↓
佐倉侠史朗(九州国際大付)はドラフト注目!兄弟もすごい?出身中学は?

前田悠伍(大阪桐蔭)はドラフト注目!父兄もすごい?出身中学や球速球種は?

コメント

  1. […] 真鍋慧(広陵)は兄もすごいドラフト候補!出身中学や高校通算ホームラン数は? […]

タイトルとURLをコピーしました