タピアアロンドラ(古川学園留学生)の国籍はドミニカ?身長は?

タピア・アロンドラ 古川学園 留学生 スポーツ
スポンサーリンク

古川学園タピア・アロンドラ選手

ドミニカ共和国からやってきた留学生です。

中学1年生からバレーを始めて、わずか5年でドミニカ共和国U-18代表に選ばれるほどの実力を持っています。

スポンサーリンク

タピア・アロンドラのプロフィール

名前:タピア・アロンドラ
出身:ドミニカ共和国
身長:195cm
ポジション:ミドルブロッカー・アウトサイドヒッター
最高到達点:320cm
経歴:古川学園

タピア・アロンドラのドミニカ時代

タピア・アロンドラ選手は幼いころはテニスハンドボールなどを経験されています。

中学1年のときにバレーに出会い、バレーに魅了され、バレーを始めました。

古川学園の岡崎典生監督がドミニカ共和国を視察した際にスカウトされ、中学3年生だった2019年12月来日。

来日した理由については
「バレーがうまくなるために日本に来ました」
と話されていますね。

タピア・アロンドラの古川学園時代

古川学園は宮城県にある私立の強豪校です。

留学生の受け入れに積極的で、タピア・アロンドラ選手の2学年上にもキューバからの留学生であるバルデス・メリーサ選手(現Vリーグ・PFUブルーキャッツ)がいました。

タピア・アロンドラ選手の高校での活躍は、
1年夏のインターハイは新型コロナウイルスの影響で中止。
1年時の春高バレーはベスト4
2年夏のインターハイはベスト8という成績を残しています。



また、高校2年生の9月にはドミニカ代表としてメキシコで行われた女子U18世界選手権に出場!

U18世界選手権では女子バレーの強豪国・イタリアなどと対戦し、
「すごいスパイクを打つ選手たちと戦えて、自信も深まりました」
と大きな刺激を受けていました。

古川学園の同期のチームメイトには熊谷仁依奈選手らがいます。

熊谷仁依奈選手についてはこちらを→熊谷仁依奈(古川学園バレー部)がかわいい!出身中学や進路は?

タピア・アロンドラのまとめ

・タピア・アロンドラ選手はドミニカ共和国からの留学生
・その実力はU18ドミニカ代表に選ばれるほど

将来的に日本国籍を取得して、日本代表を目指しているバルデス・メリーサ選手と違って、タピア・アロンドラ選手は日本代表にはなってくれなさそうですね。

でも、いつかタピア・アロンドラ選手がドミニカ代表として、日本代表と戦う日が来たら、素敵だと思います。

その時は思わずタピア・アロンドラ選手の方を応援しちゃいそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました