武内涼太(星稜)はドラフト注目!祖父が元プロ?出身中学や球速球種は?

武内涼太 星稜 ドラフト 祖父 スポーツ
スポンサーリンク

星稜高校2023年ドラフト候補武内涼太投手

星稜の林和成監督が
“入学してきた時の完成度は、(現ヤクルトの)奥川よりも上”
と高く評価している本格派のピッチャーです。

昨秋の北信越大会では1年生ながら、2試合先発し、準優勝に貢献しました。

スポンサーリンク

武内涼太のプロフィール

名前:武内 涼太(たけうち りょうた)
生年月日:2005年10月25日
出身:大分県日田市
身長:183cm
体重:71kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
ストレートの最速:143キロ
変化球:スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ
家族:両親、兄、妹2人
経歴:日田市立三隈中学校→星稜高校

武内涼太の祖父

武内涼太投手母方の祖父は、元プロ野球選手の長尾辰雄さんです。

長尾辰雄さんの現役時代のポジションはキャッチャー

大分県立日田高校を卒業後、南海広島でプレーされていました。


残念ながら、現在は亡くなられていますが、
武内涼太投手
「幼い頃にストレートを褒められ、配球術を教わった」
と話されています。

武内涼太の久留米東ボーイズ出身

武内涼太投手小学2年生から日田ライジングボーイズ軟式野球を始めました。

日田市立三隈中学時代久留米東ボーイズに所属。

最速138キロを投げる大型投手として、当時から注目されていました。

武内涼太の星稜高校時代

中学卒業後は奥川恭伸投手に憧れ、石川県にある星稜高校進学します。

高校では1年春からベンチ入り

1年春の石川県大会準々決勝・遊学館戦で、先発として公式戦デビュー!

5回を投げ、1安打、7奪三振、無失点の好投を披露していました。


1年夏石川県大会は野球部関係者にコロナ感染者がでたため不戦敗

その後、1年秋石川県大会では合計16回2/3防御率0.54の好成績で、優勝に貢献!

続く北信越大会では4試合中2試合先発し、
合計8回1/3を投げ、被安打7、奪三振7、与四死球13、失点6の成績で、準優勝を経験しました。

武内涼太のまとめ

・武内涼太投手の祖父は元プロ野球選手の長尾辰雄さん
・日田市立三隈中学校出身
・ストレートの最速は143キロ
・変化球はスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ

星稜・林監督のラスト采配となる2年春センバツでは、
1学年上のエース・マーガード真偉輝投手とともにチームを引っ張り、1つでも多く勝ち星を積み重ねていってほしいですね!

マーガード真偉輝投手についてはこちらを→マーガード真偉輝(星稜)はハーフのドラフト候補!父母や球速球種は?出身中学は?

コメント

  1. […] 武内涼太(星稜)はドラフト注目!祖父が元プロ?出身中学や球速球種は? […]

タイトルとURLをコピーしました